2015_06
20
(Sat)22:37

緊急里親募集

みな様へ

里親募集されてた8にゃんに、数名の方から里親の申し出があり、
今お話しを進めていらっしゃいます。

よって里親募集は終了されるとのことです。

23日の記事


みんな幸せになって、長生きして欲しいと願うばかりです。


みな様にはご協力頂き、本当にありがとうございました。




*******************************






みな様へ


そらさん経由ではありますが、


飼い主さんの諸事情により、8匹のアメショーを飼えなくなられました。

色々手を尽くされておられるのですが、
余り期間がなく皆様にもご協力いただければ幸いです。

シニアのアメショーちゃんですので、
東京都内、または近郊で完全室内外を希望されています。

情報がございましたら飼い主さんにお知らせお願いいたします。

↓こちらから


「アメショー三昧」  


8ニャンがこれからも幸せに暮らせますように。

よろしくお願いいたします。




 コメント欄は閉じさせて頂きます。



 今日もご覧いただいてありがとうございます。




スポンサーサイト
2011_04
18
(Mon)15:01

転載のお願い

《緊急のお願いと転載のお願い》

通常の記事は、この記事の下にあります。↓




「どら柄のだい子」のまやさんの記事で知りました。

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーさんのブログです。

4月15日の「被災地、室内猫生存率10パーセント」の記事に 
共に避難できなかった尊い命の事が書かれています。
大切な家族を置いていかねばならなかった
飼い主さんにとって苦渋の選択だった事でしょう。

かなり。
いえ、とても衝撃的な画像がUPされています。
あまりの凄さに声も出ず、ただ呆然としました。
胸が痛む・・・そんなものではありません。
私もこれほど凄い状況になっているとは思いませんでした。

なので、ご覧頂ける方は心してご覧ください!
そして、私はムリと思われる方はスルーして下さいね。



表には出ない現実。。。

転載していただきたく思います。
お願いいたします。





以下、転載させて頂きました。


-------------------------------------------------------------

緊急のお願い・転載歓迎

取り残されているペットを助けよう!

首相官邸にメールで呼びかけています。

ご協力ください。

近いうちに20キロ圏外にも避難指示が出そうです。
立ち入り禁止区域に犬猫を残して避難している
住民の皆様の心痛は極限に達しています。
取り残されている犬猫達を救うため、当会では首相官邸に
次のようなメールをさせていただきました。

人間のことも先の見えない状況で
動物のことをお願いすることに
お叱りを受けることも覚悟しております。

家族同然に暮らしてきた命ある動物たちの救済に
ご理解をいただけましたら、

首相官邸までメールで
『立ち入り禁止区域のペット救助のお願い』をしていただけませんか。

(注意:非常時につき電話やファックスは迷惑に
なりますのでお控え下さい。以下のメールフォームからお願いします)

以下は当会が送信したメールです。
内容に賛同頂けましたら、全文、部分を
コピーしてお使いいただいてもかまいません。


首相官邸ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
(当会送信のメールです)

東北関東大震災
立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い

何よりも家族同然に暮らしてきたペットを置いて避難せざるを得なかった
 住民の苦悩に配慮していただくようお願いいたします。

飼い主さんの心痛は極限に達しています。海外からも
心配の声が高まっています。



1)立ち入り禁止区域から救助された犬猫等のペットの
一時預かり場所を用意して下さい。

保健所、愛護センター等は収容能力を超えています。

国内外の愛護団体やグループが救出を試みています。

こうした団体が救助したペットを即保護できる
預かり場所を早急に用意して下さい。




2)飼い主への情報提供をお願いします。

 自分では救助に行けない飼い主や、ネット環境にない等情報を得にくい
 飼い主のために、救助を依頼できる愛護団体の周知をお願いします。

 避難所に団体リスト、連絡先を貼り出す等の措置をとって下さい。

 この区域で活動している団体については以下参照ください。
 
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035507087.html



3)飼い主自身が救出に行くための便宜を図って下さい

  屋内や敷地内のペット捜索は飼い主でなければ困難です。

  また、他人に怯え、飼い主でなければ捕まえることが
  できないペットもいます。

  飼い主自身がを救出しに行けるよう短時間の帰宅や
  捜索を認め、便宜を図って下さい。  


--------------------------------------------------------------------------------

よろしくお願いいたします。


この記事のコメント欄は閉じさせて頂きます。



 *ご覧頂いてありがとうございます。



2011_03
20
(Sun)22:05

命のリレーへのお願い

被災している小さな命のレスキュー隊です。

supitenさんが今はブログを休まれているのですが、
二つの団体を紹介して下さっています。

被災されてる飼い主さんに教えて頂いたり、
リンクして頂きたいと思い、こちらにもリンクさせて頂きました。




   ◎  『エンジェルズ命のリレー隊』

被災ペットの保護要請受付をされているアニマルレスキューの団体

フードの輸送もされてるようです。




   ◎  『緊急災害時動物救援本部』

阪神大震災を契機に政府の仲介で設立された団体

被災動物の保護支援、ペットフード、ペット用品の輸送の手配などされています。



少しでも多くの小さな命が救われますように。






そしてこの大きな震災の中、嬉しい事も。

被災されてるmiumiuさんのちのキャンチョメちゃんに2頭の赤ちゃんが生まれました。

この新しい命はみんなんの「希望の光」です。
逞しく元気に育ってくれると信じています。





どうか被災地の小さな命の子達ににフードがいき渡りますように。

はぐれた子達は、飼い主さんの元へ早く戻れますように。

避難所に一緒にいけない子達も、安心して過ごせますように。 







※ 訃報

私は直接交流はありませんでしたが、
やらいちょうさんのブログのお友達の 
 『海・猫・日記』の、うみねこさんがこの震災でお亡くなりになりました。

うみねこさんは、ももちゃん、蘭ちゃん、ゆずちゃんをキャリーに入れ、
車で避難されようとした時、大きな津波に・・・

うみねこさんと蘭ちゃんとゆずちゃんが共に虹の橋へ。。。
ももちゃんは助かりご家族の元に。

直接存じ上げない私も凄くショックで、とても悲しくて悔しいです。

でも温かいお人柄と、
最後まで愛猫を助けようとされたうみねこさんの想いは一生忘れません。


うみねこさん、蘭ちゃん、ゆずちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。






*この記事のコメントは閉じさせて頂きます。



● 今日もご覧頂いてありがとうございます。


2011_03
19
(Sat)16:03

元気、届きますように

被災地の皆さん、原発で避難をされている皆さん、
計画停電で不便をされている皆さん。

そして、危険もかえりみず、一生懸命行動して下さってる皆さんへ

元気を送ります。




『朝のこない夜は無ない』


光は必ず見えてきます。





094614.jpg 









  みんなに元気を送ります 

   







『元気』 届くかな 








今日もご覧頂いてありがとうございます。


2011_03
15
(Tue)22:35

小さな手でも

東日本大震災で亡くなられた方々へ
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。



東日本大震災で被災された皆様に
      謹んでお見舞い申し上げます。

そして、一日も早い復興をお祈り申し上げます。




私は、阪神大震災にあいました。

でも被害が小さい地域だったので、
ライフラインも直ぐに復旧しました。

地震が起きた時は、何が起きたのか分かりませんでした。
ただただ、強い揺れの中何かを叫んでいました。

揺れがおさまり目の当たりにしたのは、メチャクチャになった家の中。
物は落ち、襖がはずれ、台所は食器棚が倒れ、食器は割れ、
お醤油や調味料がフローリングにいっぱい・・・

どこから片付けていいのかも分からず、ただ呆然としていました。


そして、その頃は先代の類がいました。
幾ら呼んでも出てこなくてあちこち探したら、
位牌が落ち灰が飛び散ったお仏壇の前で座っていました。
大きな余震がまだ続いていたので、
すぐに何かが落ちてきても安心であろうコタツの中に入れました。

類は震えこそしてなかったけどよほど怖かったのか、
その日一日飲まず食わず、トイレも行かず、ずっとコタツからでてきませんでした。

私達は被害が少なかったので家にいる事ができてよかった。
何故かというと、避難所にはペットを連れていけなかったから。。。

でも今回の地震では、避難所で部屋を別にして、ペットも一緒に避難できる所も
あるようなので少し安心しました。
だけどそれはほんの一部だと思います。
たとえ一緒に避難できても、この子達のカリカリまではなかなか援助してもらえないはず。



だから少しでも非常用にカリカリとお水と
砂は重いのでペットシーツを用意してあげて下さい。



私は、震災にあうまでそのような事まで考えた事がありませんでした。

何故なら地震など来ないと思っていたのです。

本当に自然災害の無い地域で、「ここは何も無くて幸せやなぁ」って言ってたくらいなのです。


生まれて初めてこの大きな地震にあい、自然の怖さを教えられました。
そして今回、更に津波と言うとんでもない大きな力の怖さを教えられました。

自然は人間や動物達に優しい。
だけど、一度自然が怒ると人間の手では止められない。

地震だけではありません、火山の噴火だってそうです。
また、いつ何処で何が起こるか分かりません。

とても怖いけど、自然には勝てないのです。




そして今私達ができる事。

物資は個人で送れないので、
今日商店街で義援金の募金箱を置いてくれてたので、募金してきました。
微力ではありますが、少しでも役に立てればいいな。



一人一人が微力でも、その微力が集まると大きな力になると思います。







kai.jpg 
小さな手でも








ku_20110315210529.jpg 
手を繋げば


大きな輪ができ、大きな力になります。

その力を元気と一緒に届けたい。


そして、一緒に避難できなかった小さな命の子達も
飼い主さんの元に戻れますように。




の記事に『地震対策まとめ』をやらいちょうさんの記事より転載させて頂いています。
  まだお読みで無い方は、ご一読頂ければ嬉しいです。


  そして、Googleで『災害情報をまとめたページ』が作られているのを見つけました。
  Googleのトップページから入れます。











  長くなりましたが、最後までご覧頂いてありがとうございます。
    
    今また揺れました。。。