類とくまごろう

 

 先代さんの事

 

 

 

 類(るい)とくまごろう

IMG_0020.jpg 

 

類とくま (くまごろうと呼ぶのが長いので、くまと呼んでいました)の

姉弟はお父さんが同じでお母さんが違う腹違いの姉弟です。

4ヶ月と13日違いです。

 

前に住んでた家の近くのブリーダーさんからうちの子になりました。

 

お父さんが白色   お母さんが白色の子とグレーの子

どちらもお父さんとお母さんの毛色を受け継いでいます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0019.jpg 

お姉ちゃんの類は6ヶ月くらいでうちに来ました。

何故かと言うと

類は近くのペットショップに居たからです。

ちょっと大きくなったので実家に戻ってきたのです。

それで 「もし良かったら」 と言う事でうちの子になりました。

ちょっと気のきつい女の子。

でも、今までいた子達よりおっとり のんびり屋さんだったので

ちょっと戸惑った思い出があります。

ペルシャはみんなおっとり屋さんのようです。

 

類は膀胱炎になったけど、それ以外は晩年まで病気せずに元気で

20歳の寿命を全うしました。

 

18歳くらいの時に、子宮に何かあると言われましたが

もう歳だったので開腹しての検査はしませんでした。

旅立つ1ヶ月前から膀胱がしまらなくなり(年齢のせいで)、

類の意思で無く勝手に尿が出るようになったのでオムツをしていました。

そしてご飯が食べれなくなったので、

1ヶ月毎日点滴と流動食を鼻から入れてもらいました。

旅立つ3日前に病院で心臓発作を起こし、ニトロを貼ってもらいました。

そして、ニトロをもらって病院にはもう連れていきませんでした。

ニトロのおかげで、その時まで苦しむ事も無く穏やかな時間を過ごせました。

 

大往生です。

 

類が旅立って11年になります。

 

 

 

 

 

 くまごろう

 

IMG_0042.jpg 

くまは、2ヵ月半くらいでうちの子になりました。

本当はトラトラ模様の子を向かえる予定だったのですが、

他の方が強引にその子を連れて帰られたそうです。

そしてくまは、兄弟と喧嘩して左の目じりが少し裂けた感じになっていました。

そのせいもあるのだと思いますが、くまはまだブリーダーさんの所に居ました。

目じりもほんの少しだし、そこがチャームポイントになり可愛かった。

やっぱり うちの子になりました。

 

くまは男の子だけど可愛くて、とっても優しい子。

まだちっちゃかったので、類のおっぱいを吸って育ちました。

勿論類も子供なのでお乳が出るわけも無いのに。

やっぱりお母さんが恋しかったのでしょうね。

類も嫌がらず与えていたので、お腹の毛が禿げていました。

類も母性本能が出てきたのですね。

なんか、凄いと思いました。

 

そうやって育ったくま。

ある日、手首に小さなしこりを見つけ直ぐに受診。

そして、その日に手術をしてもらいましたが悪性で無かったので

その後再発も無く過ごせました。

 

でも、春と秋になると大変だったんです。

そう、「花粉症」です。

もう たて続けのくしゃみと鼻水で、くちゃくちゃ。

春と秋になると病院へ行っていました。

 

そんなくまは、13年目に腎臓が悪くなりました。

その頃はフードも国産のものしかなく、かろうじて療法食が少し。

半年間、毎日点滴に通いました。

今はお家で点滴が出来るようになっていますが、その頃は病院だけでした。

そして、もう くまの大切な時間が少なくなってきたと感じたので

治療をするのをやめました。

もうほとんど食べれなくなっていたのですが、大好きなささみをあげると

ビックリするほど沢山食べてくれました。

でもそれが、くまが口にした最後のご飯でした。

そしてくまもベランダが大好きだったので、抱いて連れて行くと

くまが持ってる全ての力を出したかのように私の腕から飛び降りたんです。

ビックリしました。

やっぱり外の風を感じたかったのですね。

暫く横になり気持ちよさそうでした。

 

そして、みんなに看取られて、13歳で旅立ちました。

 

18年前の秋です。

 

類もくまも、今お世話になっている動物病院の院長先生が

開業されて一人で診察されてる頃からお世話になっています。

こうして思うと、本当に院長先生とは長いお付き合いです。

 

 

くまが旅立ったときは、類が私達を支えてくれました。

類が旅立ったときは、誰も居なくて母がペットロスになりかけました。

本当はもう迎え入れないつもりだったのですが、

同じペルシャを探し続けました。

 

そして、やっと出逢った可愛い子。

その子が海です。

一目ぼれして連れて帰ってきた子。

勿論、類がいなくなった後の私達を支えてくれました。

 

 

こうして記憶や思い出を辿っていくと、

私は物心付いた頃から にゃんこやわんこと過ごしていました。

そして私達が彼らを育ててるのではなく、

彼らが私達を育ててくれてるのだと思うようになりました。

 

だから先代さん達に

 

「ありがとう」

 

って、伝えたい。

 

 

 

  長くなりましたが、今日もご覧頂いてありがとうございます。

 

 

スポンサーサイト
Category: 先代さん達
Published on: Thu,  18 2010 16:33
  • Comment: 22
  • Trackback: closed

22 Comments

やらいちょう  

きっと猫さんたちも
茶々にゃんさんに「ありがとう」と言っているでしょう。
どの猫さんたちとの想い出も
かけがえのない一生の宝物ですよね。
20歳は凄いですね、まさに天寿を全うです!

2010/03/18 (Thu) 16:37 | EDIT | REPLY |   

miumiu  

うちの先代もペルシャの姉妹が2匹いましたよ。
最後は白内障になって目が見えなくなって老衰でしたが
長生きしてくれました。
昔って今みたいにカリカリの種類もなかったですよね・・・
でも今の子達より病気にならなかったと思うのは気のせいかな?

2010/03/18 (Thu) 17:11 | EDIT | REPLY |   

9353そら  

茶々にゃんさん こんばわ(^∀^)>

先代からペルシャを飼ってたんですねっ!
類ちゃん綺麗な白っ(*^^*)くま君はグレー 美男美女姉弟ですね~っ(*^o^)/\(^-^*)初めてペルシャを触らせて貰った時に なんて柔らかい毛なんだろうってビックリしました!それから吸い込まれそうなガラスみたいな大きな目っ♪
類ちゃんは、ホンマ大往生でしたねっ!
凄く大切に自然体で育ててたんだなって、わかります。きっとありがとうって思ってるはずです(^^)d
一目惚れ…ありますよねっ私も最初にネットでモカさん見た時に この子だっ!…て(笑) いつかは来る別れ ラテは 早すぎたけど モカとチョコには寿命を まっとうして貰いたいです。m(__)m

今日動物病院が休みだったので 明日モカさんのご飯の事 相談しに行ってみますっ ありがとうございます(^○^)

2010/03/18 (Thu) 19:39 | REPLY |   

3にゃんママ  

先代ねこの類ちゃんくまちゃん、それに海くん空ちゃん。。。どの子も茶々にゃんさんがどれほど愛しんで育てたのかが良くわかります。
みんにゃん茶々にゃんさんの子になれてどんなにか幸せに思ってることでしょう。
今は空ちゃんひとりだけど、そんな空ちゃんは茶々にゃんママの愛情を」一身に受けてのびのびと元気に長生きしようね☆

2010/03/18 (Thu) 20:39 | REPLY |   

茶々にゃん  

v-252 やらいちょうさんへ

やらいちょうさん、こんばんは。
完全室内飼いをしだしたのはこの子達からなのですが
その前は出入り自由だったので帰ってこなくなって・・・
その子達の想い出もみんなかけがえの無い宝物です。

類、天寿を全うですよ~! 大往生です。
一人で写ってる写真は19歳のときです。
若く見えるでしょ(笑

2010/03/18 (Thu) 22:34 | REPLY |   

茶々にゃん  

v-252 miumiuさんへ

miumiuさん、こんばんは。
miumiuさんちもペルシャの姉妹がいたのですか!?
やっぱり長生きしてくれたんですね。

ねぇ。カリカリの種類も少なかったですよね。
うんうん。私も昔の子の方が病気しなかったように思う。
昔って、今のようにかまわなかったけど、それが良かったのかも。
「犬はかまってあげた方がいいけど、猫はほったらかしの方が良い」
って、聞いた事があります。

2010/03/18 (Thu) 22:40 | REPLY |   

ゆり  

茶々にゃんさん、お久しぶりです(^^)
コメント入れようと思ったら、ちょっと迷子になってしまいました(笑)

類ちゃんとくまごろう・・・
愛しい、愛しい我が仔はず~と変わらない家族ですよね(^^)

きっと今頃、海ちゃんと一緒に走り回ってるかもね。
類ちゃん、私の先代猫のマイちゃんと一緒です。
マイちゃんが亡くなって今年で11年経ちました。
そして、彼女も20年という時間を一緒に過ごしてくれました。

時々、マイちゃんと再会できてたらいいなって思う時があります。
だから、どんな人にも、どんな猫にも、どんな犬にも
どんなものにも優しくいようと思っています(^^)

私の勝手な想いだけど、きっと茶々にゃんさんも
そんな風でいるかな?って思う時があります。

みんにゃの愛情にきっと空ちゃんも守られてるように思います(^^)

2010/03/18 (Thu) 22:48 | REPLY |   

茶々にゃん  

v-252 9353そらさんへ

そらさん、こんばんは。
そうなんですよ~ 母がペルシャが好きなんです。
そうそう、毛が柔らかくてふわふわでしょう。
抜けても綿のように固まってるの。
目も大きいですよね。 
くまは大きかったけど、それより海の方が大きかったです。

類は大往生でしょう!?
最期は「必ず自然に」と、ずっと思っています。

モカさん、一目ぼれだったんだ!
可愛いもん、分かるわ~~~
絶対、縁と相性があるよね。
うん。。。
モカさんとチョコちゃんには、ラテちゃんの分まで長生きしてもらおうね!

あっそうだ。木曜日は病院休みだもんね。
モカさんのこと、気になるもんね。
好きなご飯が見つかりますように。

2010/03/18 (Thu) 22:54 | REPLY |   

茶々にゃん  

v-252 3にゃんママさんへ

3にゃんママさん、こんばんは。
>どの子も茶々にゃんさんがどれほど愛しんで育てたのかが良くわかります。
とても嬉しいお言葉をありがとうございます。
でも、なんか恥ずかしいです。
私の方が彼らに育てられているんですもん。

3にゃんママさんも3にゃんちゃん達に
いっぱいいっぱい愛情を注がれて育てられてるのだと感じます。
みんな幸せですよね^^

空にお言葉、ありがとうございます。
天然のまま、元気で長生きして欲しいと思います。

2010/03/18 (Thu) 23:06 | REPLY |   

茶々にゃん  

v-252 ゆりさんへ

ゆりさん、こんばんは。
あっ! コメント欄に入るところが上だから分かりづらかったでしょう!?
ごめんね!

もう大丈夫? 少し気分良くなった?
うん。凄い年月が経ってるけど、大切な家族です。
今でも色んな事を思い出します。
きっとペルシャ3兄弟で走り回ってると思う^^

マイちゃん!
ほんと類とまるで一緒!
20年という多くの時間を共にしてくれたのも
旅立って11年目も同じなんて。。。
なんか感動しちゃったです。

>どんな人にも、どんな猫にも、どんな犬にも
どんなものにも優しくいようと思っています
ゆりさんの言うとおりですよね。
私もそう出来るようにと思うけど、そう出来てるのかな?
ちょっと自身が無いけど、そうでありたいと思っていますよ。

空はみんにゃの愛情を一身に受けて、守ってもらってるんだね。
ありがとう、ゆりさん^^



2010/03/18 (Thu) 23:25 | REPLY |   

myutha  

茶々にゃんさん、こんばんは。

素敵な思い出を語ってくださってありがとうございました。
類ちゃんとクマちゃん。とてもかわいいです。
いつまでもいつまでも茶々にゃんさんのかわいい家族で海くんと空くんのお姉ちゃんとお兄ちゃんですね。

そして茶々にゃんさんの深い愛情に感動しました。
きっと二人も海君も茶々にゃんさんちの家族になったことを誇りに思っているでしょう。

今日もウルウルしてしまいました。
そして私も猫たちが自分を支えてくれていることをいつも思っています。
ピュアな心、駆け引きのない愛。猫たちは人間にいろんなことを教えてくれますね。

そして虹の橋にいってしまった子たちも目には見えなくても心の中ではしっかり支えてくれていますね。

茶々にゃんさん、すばらしい記事をありがとうございました。

2010/03/18 (Thu) 23:38 | EDIT | REPLY |   

ちい  

NoTitle

昨日コメ入れたけど、入ってなかったみたい(泣)

先代さんも可愛いね~~^^
類ちゃん、20歳の長寿だったんだ!
私の知り合いの猫ちゃんの中でトップじゃないかな??
白くてふわふわで「ザ・ペルシャ」って雰囲気の
お嬢だね♪

くまごろうくんは、ぷんに似てる~^^
色もお顔も・・・。
性格が優しいところもそっくり(笑)
類ちゃんをお母さんだと思ってたなんて
ちょっとしんみりしてしまう><

居なくなったにゃんこを、新しいにゃんこが癒してくれるって
確かだよね。
ふわふわで温かい生き物と一緒に居ると、心がふわ~っと
するもんね^^

2010/03/19 (Fri) 10:54 | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 myuthaさんへ

myuthaさん、こんばんは。
類とくまと回り逢ってから、凄い年月が経っているのに
昨日の事のように思い出します。
やっぱり家族なんですよね。

いえいえ。私はこの子達が誇りに思ってくれるような人間ではありませんが、
慕ってくれるだけで嬉しいです。

この子達は、どうしてこんなにピュアな心を持っているのでしょう。
myuthaさんもきっとミルキーちゃんも小豆ちゃんも愛おしくて
たまらないと思います。
勿論、空豆君もみつ豆ちゃんも。

虹の橋へ行ってもいつまでも愛おしくて大切な家族ですよね。
そして、虹の橋からいつまでも私達を支えてくれてますよね。

こちらこそ、今日もまたほっこりな気持ちになりました。
myuthaさん、ありがとうございます。

2010/03/19 (Fri) 20:32 | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 ちいさんへ

ちいさん、こんばんは。
昨日も来てくれたんだ。 ごめんね~。
テンプレもちょっと使いにくかったしね。 ごめんちゃい。

類、凄いでしょう! 大往生だよね。
そうそう、ふわふわのちょっと気のきついお嬢だったよ~^^

くまは、雰囲気がぷんちゃんに似てるよね。
ぷんちゃんは、女の子らしい優しい子だったもんね。

うん。いなくなったこの分、新しい子や後に残った子が癒してくれるのよね。
温かい体温が伝わってくるって素敵だね!

2010/03/19 (Fri) 20:44 | REPLY |   

supiten  

NoTitle

茶々にゃんさん、こんにちは♪
このテンプレートもとても綺麗です^^

わ~先代の姉弟ちゃんたち、お話は伺ったことがありますが
お顔を見るのは初めまして!ですね。
ふたりともふわふわですっごく可愛い~^^
先代の子達も今の子達もそれぞれが違った面を持っていて、
いつまで経ってもみんな愛しくてたまりません。
この子達に出会えたから今いる子達に出会えたって思いますよね。
心からありがとう。伝えたい言葉はそればかりです^^

2010/03/20 (Sat) 03:07 | EDIT | REPLY |   

ねじっこ  

素敵な記事です

茶々にゃんさん、こんばんは。
涙でぐちゃぐちゃになりながら読みました。
先代さんのお話も、写真も、わたしは初めて知りました。
写真、撮っておいて良かったですね!!!
わたしも小さな頃からずうっと家に猫たちがいるのですが、
カメラを一切扱えなかったので、写真が一枚もないのです。
貴重な思い出なのに、時々それが寂しいです。

ふたりとも、お人形さんみたいに可愛い!抱き人形みたい(笑)
そう言えば海ちゃんもふわふわの抱き人形でしたね^^;
出会いって不思議です、
別れは悲しいし、辛いけど、そのおかげで今があります。
茶々にゃんの記事がとても素敵なので、わたしもいろいろなことに気がつきましたよ。
空ちゃんも、茶々にゃんさんも、可愛いみんなに見守られているんですね。

2010/03/20 (Sat) 19:13 | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 supitenさんへ

supitenさん、こんばんは。
このテンプレ、綺麗ですよね~ 
もうすぐ満開になりそうですね。

はい~っ。 ちゃんと記事にするのは初めてですよ~
二人ともふわふわでしょう~
お母さんが違うから、ちょっと顔立ちが違うんですけどね。
それぞれに想いがあって愛おしいですよね。
そうそう。 先代さん達に出会えたからこそ
今の子達にも出会えてるんですよね。
伝えたいです。 ありがとうを^^

2010/03/20 (Sat) 21:30 | REPLY |   

足袋ネコ  

NoTitle

茶々にゃんさん、こんばんは。
胸がいっぱいになるお話でした。
私も「自然に」と思っていました。
ちゃんとそれが出来たかどうなのか まだまだやれる事をしないで虹の橋の向こうに行かせてしまったのではないかと思う時があります。
でもそんな事を考えたってとら助は戻ってこないのに。

ペルシャさんは手入れが大変だとか ブラッシングがあまり好きでない って聞きますが
見るからにふわんふわんで抱き心地が良さそうですね・・・
とら助の生まれ変わりがペルシャさんだったらど~しよ~ きゃぁぁ~♪
ちょこっとリンクさせていただきました。
事後承諾でごめんなさい!

2010/03/20 (Sat) 21:45 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 ねじっこさんへ

ねじっこさん、こんばんは。
あ”~~~っ! ねじっこさんを泣かしたのは誰~~~!?
この子達をちゃんと記事にしたのは、初めてなんですよ。
もう何十年も前ですが、写るんですよで撮ってました。
だから色がもう・・・
この前にいた子達も少しあるのですが、色が・・・
補正しても綺麗にならないです。
それはそれで良いかなって思うんですけど。
ねじっこさん、お写真がないのは寂しいこと
凄く良く分かります。
でも、ねじっこさんの想い出の中でそ子達の姿は
きっと今でも心に映ってますよね。
大切な宝物をいっぱい残してくれてるんでしょうね^^

ちょっと前にこんな感じのふにゃっとしたぬいぐるみがありましたよね~
はい。海もそうですよ~(笑
そうですよね。 
別れは悲しくてとても辛いけど、今があるんですね。
「素敵な記事」と言って頂いて、すっごく恥ずかしいですが
嬉しいです。 ありがとうございます。
みなさんもきっと可愛いみんなに見守られてるのですよね^^

2010/03/20 (Sat) 21:50 | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 足袋ネコさんへ

足袋ネコさん、こんばんは。
長くなりましたけど、呼んで頂いてありがとうございます。
足袋ネコさんの想い、凄く良く分かります。
この子達の頃は、今のようにネットと言う情報源も無く
医療もこんなに進んでなかったけど、今は選択肢が多くて
凄く迷うし、どれだけ「自然に」してあげれたかなって思ったり
もっと高度な治療をしてあげた方が良かったのかなと思ったりもします。
でも、とら助君も海もきっと自然にふわ~っとお空に昇って行ったと信じています。

そうそう!うちのペルシャはみんなブラッシングが大嫌いでしたよ~(涙
おかげで、毛玉の団子が・・・(汗
このふわふわの中に団子が隠れてます(笑
だから空は楽ちん楽ちん^^

リンク、ありがとうございます。
全然大丈夫ですよ~~~  嬉しいでござりまするぅ^^

2010/03/20 (Sat) 22:09 | REPLY |   

sei  

ええ話やー!!

わぁ・・・・なんか、すごくじーんときちゃった(*^▽^*)
素敵な思い出、悲しい思い出・・・でも、やっぱり
先代の猫ちゃんと歩んだことは、茶々にゃんに
とって宝物だよね!!!!
異母兄弟だったのねー!!知らなかったワン。
くまちゃんって名前がピーッタリ☆
類ちゃん、この子が、噂の類ちゃんなのね!!
確かに、前に送らせてもらったカードの白いペルシャ猫に
似ているわー(o´∀`o)偶然って素敵。(自分で言うな!)
でも、本当にお母様は長毛種の猫ちゃんがお好き
なのね!!!!
毛の長い子は、オトーリしている子が多いよね。
しかし、20歳は凄い!!!私も、20歳まで長生きさせ
られるように、ガンバロウ☆☆
でも、当時は国産のフードしかなかったのね・・・。
時代とともに、猫飼いさんも増えたし、そういう点では
進化、改善されているんだなーと、改めて思ったよ。
いまだにモナぽんは、国産フードを与えると吐いちゃう
から、贅沢ちゃんです(笑)

しかし、院長先生とのお付き合いは先代の
猫ちゃんの時からって聞いていたけど、本当に
長い付き合いなんだねー。
命の恩人ともいえるのかな^^
そんな先生に、出会ってみたいよー。

でも、写真って、やっぱり良いね。
切ないけど、嬉しい。
いまは、クウちゃんが、お母様と、おかぁはんを支えて
いるんだよね♪いや、クウちゃんも、支えられているのさ☆
背景のお花のような、優しい春が、やっときたね。

2010/03/21 (Sun) 00:40 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

NoTitle

v-252 seiくんへ

seiくん、こんばんは。
うん、類とくまの想いでも宝物だよ~
そうそう、うわさの類よ(笑
ねっ、ねっ! あのカードのペルシャと似てるでしょう♪
偶然なのか必然だったのか、どちらにしても素敵!
そうなの。 母がペルシャがすきなんだ。
長毛さんはおっとりしてるよね。
20年ってうちでも一番の長生きだよ~
マニモナさんも成人式しようね☆
そうそう、国産しか無かったよ。
海が来た頃もヒルズとアイムスしかなかったわ。
モナさんも国産ダメなんだよね。

う~~~ん! 辿っていくと院長先生とは凄い長いお付き合いだよ!
おまけに家から近いしね(笑

写真っていいよね。
私、色があせてもフィルムの写真好きだなぁ^^
そうそう、今はクウが一生懸命支えてくれてるよ☆
桜がちらほら咲き始めたね。

2010/03/21 (Sun) 21:26 | REPLY |   

Post a comment